2011年11月06日

落下 


 ××10年9月21日 

 A国航空宇宙局(ASA)は、落下が見込まれる

約6トンの人工衛星について落下がA国時間で23

日になるとの見通しを発表した。

 落下地域は依然としてわからないとしている。





 ××10年9月23日

 地球に落下しつつある人工衛星「SARU」に

ついて、A国時間で23日深夜から24日未明(

にほん時間24日昼から夕方 )にかけて大気圏

に突入し地球に落下する可能性があると発表した。

 大部分は燃え尽きるが、26個の金属破片( 

計532キロ )が800キロ四方に落ちる危険

があり、にほん への落下の可能性も否定でき

ないとした。





 ××10年9月24日

 運用を終えた人工衛星「SARU」が地球に

落下した。

 23日午後11時23分〜24日午前1時9分

(にほん時間24日午後0時23分〜同2時9分)

の間に落ちたという。

 詳細な時間や場所、残骸の影響を調べているが、

けが人などの被害報告は入っていないという。





 ××10年9月25日

 人工衛星「SARU」の金属破片 

 にほん に落ちていた!? 窓ガラス一枚が破損!




 大坂都常套区の宝石店で、出勤した従業員が窓

ガラスが割れているのを発見、警察に通報した。

 警察の発表によると、宝石店の床には、焦げた

ような跡があり、焦げ跡の中心部は、大きくくぼ

んでいる。人工衛星「SARU」の金属破片が落

下し、くぼみをつくった可能性もあるとした。

 管野首相は

「事実なら大変遺憾なことだ。打ち上げたものは

落ちてくるのは道理だ。自分達の利益ばかり優先

して、先のことを何も考えていない」

と語った。





 ××10年9月27日

 管野首相は今後のエネルギー政策に関する記者

の質問に答えて

「安くて安全でクリーンなエネルギーである原子

力を今後、更に増やしていく考えだ。子ども達に

安全で快適な未来を手渡してあげたい。先々の事

を考えるのは大人の責任だ」

と 皮肉 まじりに語った。





 ××10年9月27日 近所のおばちゃんの噂話

「ねぇ、奥さん聞いた?あの宝石店の話、人工

衛星は関係なかったって」



「知ってる知ってる。宝石が盗まれてたんでしょ」



「おかしいと思ったのよ。空から破片が降って

きてガラス1枚だけ丁寧に割っていくなんてねぇ。

うちの子供だっておかしいなぁって」



「床だって、ちょっと焦げてただけなんでしょ」



「従業員が大騒ぎしたから、警察も真に受けち

ゃったみたいなの。その従業員、共犯じゃないか

って調べられてるらしいわ」



「犯人がわざと床を焦がしたってことよね。でも、

なんでそんなことしたの?」



「そりゃ、人工衛星に見せかけて、捜査を混乱

させるためよ。実際うまくいっちゃたみたいだ

しねぇ。ほとんど手がかりがないみたいよ」



「でも、本当なのかねぇ、この話。

 このあたりの噂にはなっているけど、新聞も

テレビも何もいってないしねぇ」







posted by saru at 10:52| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。