2011年11月26日

既視感


歳のせいか四時には目が覚めてしまう。

すでに小腹が空いているのは元気な証拠か。

なにか食べようと台所に降りると、堪らず

ストーブに火をいれる。

このところ急に冷え込んできた。

冷蔵庫を覗くと、ハムにチーズ、缶ビールまでが

目に入ってくる。

誘惑を振り切り、ここは健康を考え、リンゴを取

り出す。

一緒にいれた珈琲を飲みながら、リンゴを一口頬

張る・・・・何かが足りない。

そうだ。

モーツァルトの弦四 20番。

朝にモーツァルトはよく似合う・・・

んっ、ちょっと時間が早すぎたか。

外はまだ暗く、モーツァルトが浮いている。

まぁいいか。



トントントン。階段を降りる音がする。

やってきた。

我が家の居候、メスネコの空ちゃん。

三毛で推定三才。

私が起きると、必ず甘えにやってっくる。

猫には好かれるタイプらしい。

できれば人間の方がありがたかったが。


先日も私が帰宅すると、脱いだ靴に顔を突っ込ん

でいた。

風呂に入ろうとすると、脱いだパンツに顔を突っ

込んでいる。

惚れてくれるのも嬉しいが、その匂いフェチはち

ょっと・・・加齢臭が好きなのか?



ニャーニャー、ニャーニャー。

今日も始まった。

私をお膝にダッコして!

無視するといつまでもニャーニャーやっている。

ヒザの上にのせると甘えた声でニャンとひと鳴き。

グルグルとのどを鳴らして、アンモナイトのよう

に丸くなる。

寒い時期には、ありがたい。



ピーンとした静けさの中、

ストーブの上のヤカンから

緩やかに湯気がのぼる。

空ちゃんの温もりが気持ちいい。

グルグル、ゴロゴロ。

モーツァルト。

チェロの低音が響く。


242.JPG













私は長く続く土壁の小径を歩いている。

そこからのぞいているみどりが清々しい。

懐かしい場所だ、またやってきた

と私は思っている。



土の壁が切れた辺りに、小さな石橋がある。

その先には苔むした庭が見える。

ツゲの櫛のような形をした欄干、これにも見覚え

がある。

私は通い慣れたようにその橋を渡り、石畳に足を

いれる。

まっすぐに切られた敷石と、自然のままの敷石が

交互に細長く配され、その左右には濡れて光る苔

や低木が鮮やかに広がっている。

そのまますすむと、やがて見えてきた人家へ案内

も請わずに入った。



私は床の間を背に座っている。

かすかに衣ずれの音がすると

部屋の前で止まった。


障子が静かに開くと、座した和装の女が両手をつ

き、頭を下げる。

顔をあげた女は

潤んだ目でこちらを見つめている。


また会えたね、と私。

こんなに美しい女性と知り合えて

なんて幸せなんだ。

着物姿が美しい。

とても似合っていると思った。

この柄、どこかで見たなぁ・・・。



女は部屋に入ると、私のすぐ横に座った。

心臓が動きを早める。

とてもいい香りがする。

懐かしい香りだ。

女は私へと身体を預け、会いたかった、と呟く。

私は女の肩に手をまわし、力を込める。

心臓が激しく動き出す。



ドックン、ドックン

ゴロゴロ、グルグル・・・心臓の音に混じって妙

な音が聞こえる?

と、女はサッと私のヒザの上にのり、アンモナイ

トのように丸くなった。

そして、長い舌で私の手を嘗める。

ザラッとした感触。




そこで目が覚めた。

ヒザの空ちゃんが私の手を嘗めている。

思わず手を引っ込めた私。

こちらを見上げる空ちゃんの目が潤んでいる。

あっ、あの着物の柄は・・・三毛柄!




にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ






posted by saru at 09:27| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。