2011年12月11日

無主物


××11年11月22日
              福々新聞

 11月21日午前4時ごろ、東西都

相田区地賀2−3の色々ペンキ工場で

保管していたペンキが爆発する事故が

あった。

 幸いけが人はいなかったが、工場内の

タンクにあったペンキ10トンが爆発の

影響で周辺に飛散した。


 工場には周辺の住民から

「白い車が赤くなった」

「窓ガラスが真っ黒になって外が見えない」

「干していた白いワイシャツがレインボー

カラーになった」等の苦情が相次いでいる。


 色々ペンキ工場の 福島大市 社長は

「住民のみな様には大変なご迷惑をおか

けしました。

 ペンキを拭き取るなどの除染作業を速

やかにおこないます。」とのコメントを発

表した。





××11年11月25日
               縞々新聞

 9月、副山第二原発から約50キロ離

れた本松市の「サン本松ゴルフ場」が東

西電力に、汚染の除去を求めて仮処分を

東西地裁に申し立てた。


 対する東西電力は、こう主張した。

 原発から飛び散った放射性物質は東西

電力の所有物ではない。したがって東西

電力は除染に責任を持たない、としてい

る。


 決定は10月30日に下された。

 裁判所は東西電力に除染を求めたゴル

フ場の訴えを退けた。





××11年11月26日
       近所のおばちゃんの噂話

「ねぇ、奥さん聞いた?あのペンキ屋の

社長こと。」


「知ってるも何も、家の壁が真っ赤にな

ちゃって目立つ目立つ!

 で、その社長がどうしたの?」


「急に、爆発で飛び散ったペンキは色々

ペンキ工場の所有物ではない、なんて言

い出したのよ。」


「えっ、それってどういうこと?」


「何かの裁判で、飛び散っちゃったもの

は、飛ばした所の所有物じゃないって判

決がでたらしいのよ。

 それを知った社長が、急に強気になっ

ちゃってね。

 飛び散ったペンキは、もう他人の家に

くっついたんだから、工場の責任じゃな

い、って言ってるのよ。

 いつまで待っても、お宅の壁、綺麗に

なんかしてくれないわよ。」


「そんなひどい話ってないじゃない。

 先月、外壁を綺麗に塗り替えたばかり

なのよ。

 人の家の壁を汚しておいて、私は悪く

ありませんって、それって、どういう

事?」





××11年11月27日
           周辺住民の会話

「同じ理屈でしょ。うちから飛んでいった

ものは、もううちの所有物じゃない。」


「まあ、理屈はそうかもしれませんけどね。」


「風向きもちょうどいいんだよ。」


「で、本当にそれ飛ばす気ですか?」


「あんな理屈が世間で通るんだったら、何で

もありでしょ。」


「なら、もう止めません。好きにすればい

い。」


「俺、何〜んにも悪いことしてないよ。お客様によろ

こんでもらえることだけ考えて真面目にやってき

たのに・・・・」


「悔しいですね。」


「でも、これやっちゃったら・・・。」


「ええ、あなたなら分かってもらえると

思っていました。」


「ふぅ〜! 昨日、美味しい酒、手に入

れたんだけど、ちょっとだけ付き合って

貰って良いですか?」


「朝までお付き合いしますよ。どうせ、

明日も閉めるんでしょ。」


「明後日もね・・・。

従業員達も呼んでパッとやるかね!

 明るく考えれば、何か見えてくるか

もしれない。」


「そうこなくっちゃ!やっとあなたらし

くなった。酒、足りないでしょう。買っ

てきますよ。」




にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ










posted by saru at 18:24| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。