2012年01月30日

修二 -5-(完)


「あっ、大将。

 水くさいですよ。店、開けたんなら教えて

下さいよ。」


「よお、久しぶりだね。」


「お久しぶりです、大将。もうお元気になら

れたんですか?」


「まあ、ぼちぼちな。」 


「そうですか。じゃあ、また店、やるんです

ね。」


「まあ、あまり、無理しないようにな。」


「そうですね。無理して、また店を閉められ

たら困りますから。ぜひ、そうしてください。

 それじゃ、ラーメン、ふたつお願いできま

すか。」


「ああ、ありがとう。ラーメンふたつね。」


 元気そうにお爺さんは、厨房に向かった。

 しかし、どうみたって、耳は遠くないよね。

でっかい声で注文していた浩平は、なんだっ

たんだろう。


「おっ、君は浩平くんだったね。

 こんにちは。

 ここが開いてること、知ってたんだ。

 いや、君に先を越されたね。

 さすがだよ。」


 さっきの二人が、浩平に話しかけてきた。

 お互いに知り合いみたいだね。

 山城屋に通ってた人達なのかな。


「こ、こんにちは。」

 浩平が二人に挨拶した時、厨房からお爺さ

んの大きな声が飛んできた。

「浩平、自分達のどんぶりを片づけたら、すぐに

お母さんに話してこい。

 それから、お客さんにお水をお出ししてく

れ。 

 返事は?」

「はい!」

 明るくて大きな声だった。

浩平は、テキパキとどんぶりを片づけると

二人の前に水を出した。

 二人と、笑顔で何か話してる。

 浩平、何か活き活きしてるな。

 前からここで働いているお店の

人みたいに見えるよ。


 本当に美味しいものって、人を明るく元気

にしてくれるんだな。


 また昔の大将軒に戻って欲しいな。

 いや、もう戻ってるような気がする。



 店を出た後、浩平は、もう一度、迷惑かけ

 てごめん、って僕に謝ってから、お袋に話を

 しなきゃいけないからって、急いで家に戻っ

 ていった。

 
 今日の事は、浩平の嘘をそのまま信じた僕

 にも責任があると思う。

 
 あんな事になる前に、もっと浩平の話を聞

いていれば、と反省している。


 お爺さんとの約束もあるし、浩平にはこれ

からもビシビシ言わせてもらう。


 まずは、ちゃんと学校へ来いって言うつも

り。


 で、その後の浩平のこと。


 あれから浩平は、すぐにお母さんと一緒に

大将軒へ謝りに行ったんだって。


 さすがの浩平のお母さんも、今回ばかりは

ひたすら謝ったって。

 当たり前だよね。

 お母さんはお金を払うって言ったらしいけ

ど、お爺さんは働いて返してもらうって、受

け取らなかった。


 お金を払って、簡単に解決して欲しくない

って、お爺さんがそう言ったんだって。

 当然だよね。

 僕もそう思う。

 浩平には、きっちりとお店で働いてもらっ

て、お金の大切さを知って欲しい。


 浩平は、お店で働けること喜んでるけどね。

 だって、あの幻の名店で働けるんだもの。

 ここで修行して、店を出した人もいるって

いうんだから。


 願ったり、叶ったりってやつだね。


 更に、お爺さんは

「あの若さで、浩平はラーメンの味をよく知

っている。

 これから、きちんと修行したら、とても美

味しいラーメンをつくれる。」

 って、お母さんに言ってくれたんだって。

 
 お母さんも満更じゃなかったみたいで、将

来のことについては、一度ちゃんと話をしよ

う、って浩平に言ったんだって。


 浩平がラーメンのお店を出したいって話、

お爺さんも、ちゃんと聞いてたんだね。


 ちょっと恐いけど、とても優しいお爺さん

だと僕は思う。


 浩平は毎日学校へ来るようになった。

 授業もちゃんと受けてる。

 もちろん、もう携帯なんか見てないよ。

 お爺さんと約束したんだって。

 学校へちゃんと行くなら、ラーメンづくり

のこと、少しずつ教えてくれるって。

 

 気が付いてみたら、学校のことも、将来の

こともみんなうまくいって良かった。

 あとは、浩平の頑張り次第ってことだね。


 僕も大将軒の美味しいラーメンを・・・

 うん?

 結局、僕はラーメンをタダで食べたんだ。

 う〜ん。

 浩平は、嘘を言ってなかったって事?

 浩平は、こうなると判って、ワザと僕を誘

 ったの?

 まっさかね〜?


 切っ掛けは良くない事だったけど、今では

とても良かったと思っている。

 災い転じて、ってこんなことを言うのか

な?



 今日はこれから、お母さんとお父さんと三

人で、大将軒へラーメンを食べに行くんだ。


 二人に大将軒の事を聞いたら、昔、繁盛し

てたこと知っていて、今度食べに行こう、っ

てことになったんだ。


 もちろん、浩平には、大将軒に居ない日を

確認しておいたよ。 

 だって、お店で浩平が働いてたりすると、

お母さんに説明するのは、ちょっと面倒だか

らね。


 でも、未だに、分からないことが、ひとつ

あるんだ。


 浩平が後藤先輩から聞いた話。

 お爺さんが呆けてる、って浩平に言ったん

 だよね。


 どう見たって、お爺さん呆けていない。

 急に治ったの?

 そんなはず、ないよね。


 とすると、後藤先輩が浩平に嘘を言った、

って事だよね。

 何で後藤先輩は浩平に嘘を教えたんだろう?


 ワザとタダ食いさせて、警察に捕まえさせ

るため?

 何でそんな事をするの?

 浩平に、何か恨みがあるとか?

 だったら、直接、浩平をやっつけちゃった

 ほうが早い。

 後藤先輩は、昔からケンカが強くて有名だ

 ったからね。

 
 そんな事を考えて歩いていたら、郵便局の

 角をちょうど曲がったところだった。

 顔を上げたら、大将軒の看板が見えて、ビ

ックリ。

 看板がきれいになってる。

 お爺さん、だいぶやる気になってきたのか

 な。なんか嬉しい気分。


  と、思ったら、もうひとつ、ビックリ!

 お店の中から、後藤先輩が出てきた。

 あっ、お爺さんも一緒だ。

 店先で、何か楽しそうに話してる。

二人は知り合いだったんだ。

 なのに、なんで後藤先輩は、あんな嘘を?


 あんまり僕がジーッと見ていたから、二人

 もこっちを振り向いて、僕を見つけてビック

 リしてる。

 3連続ビックリだね。


 お爺さんは、イタズラを見つかった子供み

 たいに頭を掻いてる。

 後藤先輩は・・・あれっ! 

 右の眉が上がってる。

 後藤先輩の癖?


 僕が挨拶したら、二人もすぐに笑顔になっ

て、挨拶を返してくれた。


 お爺さんは、僕に小声で、ちょっとここで

 待ってて、って言うとお父さんとお母さんを

 店内へ案内した。

 

 すぐに戻ってくると、僕に言った。


「修二君には、まずいとこ見られちゃったな。

 このことは、山崎先生と浩平には内緒だよ。

 浩平には、あとでちゃんと話すつもりだか

 ら。」


 うん?

 何を内緒にするの?


「大将、変な事を言うから、かえって、修二

 が混乱してますよ。」


 うん、確かに混乱している。


「あの、お爺さんは山崎先生や後藤先輩と知

 り合いだったんですね。」


「昔、俺がこの店で、金を払わないで逃げよ

 うとしことがあるんだ。」


「エッ!本当ですか?」


「ああ。

 で、あっさり大将に捕まって、山崎

 先生が俺を引き取りに来てくれたんだ。

 しばらくここで働いて、大将には許して

 もらった。

 ラーメンつくりのセンスはなかったけど、

 人として大切なことを教えてもらったよ。」



「そんな事があったんですか。

 どこかで聞いたような話ですね。」


「ハハハ、そうだね、修二君。

 実は、山崎先生が相談にみえたんだ。

 将来、ラーメン屋をやりたいって生徒

 がいるんだけど、ってね。

 熱心な先生だね。

  偶然、後藤が挨拶に来たんで、そん

 な話をしたら、浩平の事をよく知ってて、

 心配してるっていうから。

 まあ、二人でちょっとお節介をな、

 おっと、いけない。 

 ご両親をお待たせしてしまった。」


 あわてて、お爺さんと僕は店に戻った。

 後藤先輩は、浩平の事よろしくな、って言

 って、帰っていった。


 店に戻ったら、お母さんに

「お爺さんの話は何だったの?」

 って聞かれた。


 僕は

「後で、ラーメンの感想を教えて欲しいって

言われたんだ。」

 って誤魔化したら、

「お前の感想聞いても、しょうがないだろう

 になぁ。」ってお父さんに言われた。


 悔しいから、山城屋や和田の話をしてやっ

 たら、二人とも、目を丸くしていたけど、ち

 ょっと、やり過ぎたかなぁ。


 何でそんなに詳しいのって聞かれたら、困

ったことになる。


 そう言えば、後藤先輩。

 しばらく会ってなかったけど、昔の恐いイ

 メージとだいぶ違ってた。


 浩平のこと、すごく心配してるって、そん

 な感じがした。
 

 でも、なんでそんな後藤先輩が、浩平に嘘

 を言ったんだろう?

 お爺さんはさっき、ちょっとお節介、って

 言ってたよね。

 お爺さんが、後藤先輩に嘘を言わせたって

 事? 


 まさかね

 何のために?


 でも、後藤先輩の嘘が切っ掛けで

 浩平は店で働けるようになったし、学校へ

 も行くようになったし、お母さんの反対もな

 くなったし。

 お爺さんは、こうなるって判っていたから、

 ワザと後藤先輩に嘘を言わせた?

 まっさかね〜?


 あっ、ラーメンが出来てきた。

 考えるの、面倒くさくなっちゃった。

 とにかく、浩平が頑張ってるからもう

 いいや!


 「いっただきま〜す。

  うっ、うめ〜!」

 
                 おわり

 
           最後までお読み頂き

              ありがとう

              ございました





にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ





おきてがみ


posted by saru at 20:10| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

修二 -4-


「修二、おまえトイレはいいか?」

 浩平は、何か落ち着かない様子できいて

きた。


「別に、行きたくないけど。」

「そうか。

 じゃあさぁ、俺、先に行くから。

 修二も後から来いよ。」


 なんで、そんな事をしつこく聞いてくるん

だろう。

 さっきまで楽しかったのに、ちょっとイラッ

 としてきた。

 声も思わず、大きくなっちゃった。


「だから、僕はいいって。

 待ってるから早く行きなよ。」
 

「大きな声出すなって。すぐ後から来いよ。」


 何かおかしい。

 浩平はヒソヒソ声でしゃべっている。


「行かない!」


「だから、トイレの先に裏口が見えるだろ。

あそこから・・・」


 残念ながら、嫌な予感的中だ!

「浩平、それって、お金を払わないで出るって

こと?」


「でかい声出すなって。ここの爺さんは呆け

てるから大丈夫なんだよ。

 昨日も来たのに、さっき、何にも言わなか

っただろ。

 爺さん、覚えてないんだよ。

 じゃ、先に・・・」


 あきれてものが言えないって、こんな事を

言うのかな。

 僕は言うけどね。

 でも、浩平って、こんな事平気でできる奴

だったっけ。

 情けなくなって、涙が出そうだ。


「山城屋が不味い?

 将来はラーメン屋をやりたい?

 よく言うよ!

 こんなに美味しいラーメンを作るのって大

変なんでしょ。

 そんなこと、浩平のほうがよく知ってよね。 

 それでも平気で、そんなひどいこと考えられ

る人間に、絶対美味しいラーメンは作れない。」



 つられて浩平も、大きな声で言い返してきた。

「俺だって、好きでこんなことした訳じゃない。

 小遣いもらえなくなって、金がない時に、

 大将軒が開いてるって聞いたから。

 しかも爺さん呆けてるから、逃げても大丈

夫だって、後藤先輩が言うから・・・本当は

止めようって思ったんだけど。

 でも、どうしても食べたくてさ。

 今日も、本当は、正直に謝ろうかなっ

て思ったんだけど・・・。」


 浩平の眉が上がっていないから、一応、嘘

は言ってないってことかな。

 平気でこんな事したわけじゃなさそうだ。

 だからって、浩平を許す気にはなれないけ

どね。

「浩平、言い訳なんて聞きたくないから。

 裏口から出るんなら、勝手に行きなよ。」


「修二・・・。」


「僕は残るから。

 残って正直に話す。

 お金は、後でちゃんともってくるからって

言ってみる。

 お爺さんに許してもらえるかどうか分から

ないけどね。

 浩平、早く行きなよ!」


 浩平は、イスに座ったまま、しばらく動かなかった。

 そして、つぶやくように言った。


「修二・・・ごめん。

 ちゃんと、爺さんに話すから、浩平も一緒

にあやまってくれるか。

 呆けてるから、通じないかも知んないけ

ど。」


「浩平、ここのお爺さん、呆けてるようには

見えないよ・・・。」


 その時突然、後ろから声がした。

「話は聞かせてもらったよ。」


 えっ、何だ?

 ビックリして振り向くと、いつの間にか、

お爺さんが立っていた。


「あ、お爺さん。」

「な、なんだ爺さん、呆けてなかったのか。」


「浩平とか言ったな。

 さあ、今から警察へ行こう・・・

 と思ったんだけどな。

 お前さん、良い友達を持ったな。

 修二君って言ったね。

 今回は君の顔を立てて、警察の話は、預か

りってことにしておく。

 あとは、これからの浩平次第ってことだ。」


「あ、ありがとうございます。」


 と言いながら、しきりに頭を下げている浩

平に、お爺さんは厳しい表情で言った。


「まだ、許すとは言ってない。

 お前のこれから次第、と言ったんだ。」


「あの、今、お金を持ってなくて、よければ

すぐに、お金をとってきますから。」

 僕も一緒に頭を下げながら言った。


「修二君、君の分のお金は要らないよ。

 その代わり、これからも浩平の面倒をみて

やってくれるかな。

 こいつ、ラーメンには詳しいようだが、夢

中になると、良いことと悪いことの区別がつ

かなくなるらしい。

 それをきちんと教えてやってくれるか?」


「はい、浩平のためなら、一生懸命やります。

 ラーメン、ごちそうさまでした。

 とても美味しかったです。」 


 お爺さんは、僕に笑顔で頷いてくれた。

 でも、浩平には、また厳しい表情に戻した。

「浩平、お前はしばらくここで働いて、食べ

た分を返せ。

 昨日と今日の二日分だぞ!」


「昨日って・・・やっぱり分かってたんだ。」


「当たり前だ。

 あんなことを平気でやるような人間かどうか、

 知りたくってな。

 で、浩平。

 今日は、わざと修二君を連れてきたのか?

 本当は、止めてもらうつもりで・・・」


「い、いや。そんな事はありません。」

 と言いながら、浩平の眉が上がってる。



 うん、それって、どういう事?

 そもそも、浩平は、何故、僕を連れてきたん

 だろう?

 ひとりで来てれば、僕に止められることも

 なかっただだろうに。



「そうか。

 まあ、いいだろう。

 それと浩平、お前のお母さんに今日の事を

 正直に話せ。

 そして、お母さんを連れてもう一回店に来い。

 それができるんなら、警察のことは忘れてやっ

 てもいい!」


 ちょうどその時、店の外で声がした。

「あっ、ここだここだ。

 やっぱり開いてるよ。」


「店を再開したって、本当だったんだ!」

 と言いながら、二人の男の人が入ってきた。


                 すみません
               次で終わります

                   つづく








にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ



↑こちらもクリックして↑
頂けるとありがたい





おきてがみ





TOP
posted by saru at 07:04| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

修二 -3-


「修二、山城屋って知ってるか?」

 先に食べ終わっていた浩平が聞いてきた。


 山城屋っていうのは、駅前にあるとっても

美味しいラーメン屋さん。

 いつも行列ができてる。

 最近、テレビや雑誌で紹介されてから、更

に、行列は長くなった。


「うん。先週、行ったよ。

 一時間は並んだかな。

これでも空いてるって、お店の人は言っ

てたけどね。」


「で、美味しかったか?」


「すっごく美味しかった。」


「本当に?」


「えっ?美味しかったと思うけど、何で。」


 浩平は、コップの水を一口飲むと、身を乗

り出すようにして話し始めた。


「最近、味が落ちたって評判だよ。

 昔から、山城屋に通っていた常連の人達は

もう、とっくに行くのを止めたよ。

 テレビとかで騒がれて、急に人気が出たか

ら、仕込みが間に合わなくなったんだ。

 で、すごく手抜きをしてる。そうしないと

間に合わないからさ。

 こんど並んでいる人達を見てみな。雑誌と

か持っている人ばかりだから。

 ほとんどが、ラーメンの味が自分では分か

らない、他人が美味しいって言うラーメンを

美味しいって思い込んでる人達さ。」


「そうかなぁ、そんな人ばかりじゃないと思

うけど。」


「まあな。

 評判をきいて一度は行くかもしれないけど

味の分かる人は、もう二度と行かないね。

 でも、修二は美味しいと思ったんだろ。

 長い列が出来ていて、テレビでも紹介されたか

ら。」


「ま、まぁそうだけど。」

 なんか悔しいけど、そうなのかも知れない。

 最初から、評判が良いから美味しいものだ

と決めつけていた。考えてみれば、山城屋の

ラーメンってどんな味だったか、あまり覚え

てない。

 浩平って、ラーメンのことこんなに詳しか

ったっけ?

 でも良かった。

 昔の浩平に戻ったみたいで。

 なんか、一生懸命に話しているのがうれしい。


「今、この辺じゃ、商店街からちょっと離れ

たところにある、和田ってお店。

 あんまり知られてないけど、あそこは美味

しいよ。

 雑誌の取材とか来てるらしいけどすべて断

ってるって。」


「えっ、なんで?

 有名になったほうがお客さんが増えていい

んじゃないの?」


「一日に作れるラーメンの数は決まってるだ

ろ。

 無理して数を増やすと、山城屋みたいにな

っちゃうし。

 和田さんのところは、夫婦だけで小さくお

店をやりたいんだって。

 人件費も安くないからね。

 儲けるつもりはないんだ。

 お客さんが喜んでくれればそれでいいって言

ってたよ。

 だから、その日の数が売れたら、閉店なんだ。

 山城屋に通ってた人達は、今、みんな和田に

行ってるよ。」


「へぇ、そうなんだ。」


「それに、なんと言ってもここだよ。

 ここ!」

 そう言って、浩平は人差し指で机を指すよ

うに、コンコンと音をたてた。


「大将軒の大将って、ここの爺さんをみんな

が大将って呼んでたから、店の名前にしたん

だって。

 昔は、ここで数年修行してから、自分のお

店を持つ人も結構いたらしい。

 でも、ばあさんが死んでからは、ほとんど

店を閉めちゃってるから、最近は幻の名店、

なんて言われてるらしい。

 だから、修二を誘ったんだよ。

 滅多に食べられないんだぞ、ここのラーメ

ン。」


「うん、すごく美味しいよ。

 誘ってくれてありがとう。

 でも浩平、なんでそんなにラーメンの事、

詳しいの?」


「大将軒の事は、山城屋に通ってた人に教え

てもらったんだ。

 俺、学校の勉強よりラーメン屋のほうが向

いてると思うんだ。

 実は、学校さぼって、ラーメン食べ歩いて

たんだ。

 山崎には内緒な。

 この近くで、今、話題になってる店はほと

んど行ったよ。」


「へぇ、知らなかった。

遊んでるだけかと思ってた。」


「まぁな。

 学校行かないで、ラーメン食べてるだけだ

から、そう思われても仕方ないけど。

 俺、ラーメン屋になるのが夢なんだ。

 結構、自信あるんだ。

 山城屋なんかより、楽勝で美味しいラーメ

ン作れるぜ!」

 そう言えば、小学校の調理実習で、浩平は

料理の手際が良いって、家庭科の先生に誉め

られていたっけ。


「でもお袋に反対されててさぁ。

 学校さぼってラーメン屋通ってるのばれち

ゃって、小遣いもストップ!」


「なんで浩平のお母さんは反対なの?」

 修二は山崎先生に逆ギレしたっていう浩平

のお母さんの事を思い出しながらきいた。


「さあね。

 お袋は高校までしか行ってないから、俺に

は、ちゃんと大学出て、就職して欲しいんじ

ゃないのかな。

 親子なんだから、頭の出来も同じなのに、

変に期待されたってさぁ。」


「でも、凄いね。

 今からやりたいことがあるなんて。

 浩平、僕も応援するよ!」


「ありがとう。そん時はよろしく。

 さてと、腹もいっぱいになったし、修二も

 食べ終わったよな。」

 言いながら浩平の眉が上がった。

「うん、すごく美味しかった。」

 さっきまで、元気にしゃべっていた浩平な

のに、何か様子が変だ。


 

           もうちょっと、つづく







にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ



↑クリックして↑
頂けるとありがたい





人気ブログランキングへ

↑こちらもクリックして
頂けるとありがたい


おきてがみ





TOP
posted by saru at 16:32| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。