2011年12月24日

修二 -2-


 浩平によると、そのラーメン屋さんは、お

じいさんがひとりでやってるみたい。


 昔は、美味しくて、とても繁盛してたらし

いけど、おばあさんが亡くなってから、お

店も閉まっていることが多くなったって。


 おばあさんが亡くなって、ショックだった

んだろうね。


 たまにお店が開いてる時も、注文やお勘定

を間違えたりして、おじいさん、だいぶ呆け

てきちゃってるみたい。だから、最近はお客

さんもほとんど来ないんだって。

 気持ちは分かるよね。

 お店なんて、やる気になんだいだろうなぁ。


 僕だってゴンが死んだ時は、しばらく勉強を

する気になれなかったから。

 ゴンって言うのは、前に飼っていた犬の名前。

もう、おじいさん犬だったから仕方ないけどね。


 そんなおじいさんのお店が、何でタダなんだ

ろう。


 よく、流行らないお店が話題づくりで、超特

大のラーメンを完食したらタダ! とかやって

るけど、そんなこと、やりそうもないよなぁ。

 浩平に言ってみたら、笑って否定された。



「何で、タダだかよく分かんないけど、別に

ラーメン食べたくないし。浩平がひとりで行

けばいいじゃん。」



「そんな冷たいこと言うなよ。

 おまえに美味しいラーメン、食べさせてあ

げたいんだよ。そのじいさん、呆けてるけど

腕のほうは確かなんだぜ。」

 と言いながら、また浩平の眉が上がった。


 何か企んでいるのは確かだ。


「あの郵便局の角を曲がって、ちょっと行っ

たところにあるんだ。

 最近は、じいさんも、ちょっと元気になっ

て店をよく開けるようになったらしいんだ。

 元気になるのはいいけど、呆けが治っちゃ

困るんだよな。」


 何で呆けが治っちゃ困るんだ?


 考えていると、郵便局の角を曲がって浩平が

言った。


「ほら、あそこの汚い看板があるところ。ど

う見たって旨そうなラーメン屋には見えない

よな。」


 確かに、看板は錆びて、ところどころが剥

がれている。

 かろうじて「大将軒」って読める。


 昔は、とても繁盛していたっていうけど、

ちょっと想像できない。


 店の前に、行列とか、できてたんだろうか?

 今は汚い猫が気持ちよさそうに寝ているだ

けだ。
 

「今日も開いてるぜ。ラッキー!」

 そういえば、浩平は昨日もタダで食べたっ

て言ってたっけ。


「お客もいない。これまたラッキー!」


 何か、昔のギャグみたいなこと言って浩平は

店に入ってった。

 僕も続けて入ると、お店には4人がけのテー

ブルが6つあった。


 奥の厨房は、入口に暖簾が下がっていて中

は見えない。厨房の横には裏口へ向かう通路

と、途中にトイレが見える。


 看板は汚かったけど、お店の中は思ったよ

り綺麗だった。

 壁にはメニューがあるけど、もちろんタダ

なんて書いてない。完食したら無料、なんて

張り紙も当然なかった。


 お客は僕たちだけだ。


 お店のおじいさんもいるんだろうか?


 いらっしゃいませ、みたいな声もなくてシ

ーンとしている。


「修二もラーメンでいいよな。ついでに餃子

も食べるか。俺、注文してくるから。」

 と席を立つと、慣れた様子で厨房の暖簾を

上げると、中へ向かって大声で注文した。



 水はセルフサービスだ、と浩平は二人分の

水を持って来てくれた。こんな気を使えるの

が本当の浩平なんだ。悪ぶってるけど、本当

の悪には、なれないだろうな。

 僕もイヤイヤながら付き合っているのは、

できることなら昔の浩平に戻って欲しいとい

う気持ちがあるからなんだろう。


「ここのじいさん、厨房の中でいつも新聞読

んでるんだ。

 呆けてるし、耳も遠いから、客が来たことも

気づかない。

 だから、注文する時は、今みたいに中へ叫

ぶのが、ここのやり方。

 まあ、だから都合がいいんだけどな。」

 と、また眉をあげる。


 呆けが治っちゃ困る? 耳が遠くて都合が良

い? 浩平の言葉に、何かタダで食べられるこ

との答えが見つかりそうになった時、タイミン

グ悪くラーメンと餃子が運ばれてきた。


 浩平が散々に言うから、かなりヨボヨボの

おじいさんを想像していたけど、ラーメンを

運んできた時の足取りは、しっかりしていた

ように思う。


 無表情で、何にも言わずにラーメンと餃子

を置いていったのを、

「なっ、呆けてるだろ。」

って浩平は言ったけど、本当にそうかな?


 味を追求することに熱心で接客は苦手な職

人、無愛想だけど腕はしっかりしてる、そん

な風に僕には見えた。とても呆けたおじいさ

んには見えないけど。


 お客さんから注文とったりするのは、亡く

なったおばあさんがやってたんだろうな。

 もちろん会ったことはないけど、そのころ

の明るく清潔な雰囲気が、まだお店の中に残

っているような気がする。


 おばあさんが元気だった頃に、一度、来て

みたかったな。

 もっと、おいしかっただろうな〜って、ま

だ、食べてなかった。

 いけない、のびちゃうよ。


 隣で、山羊じゃあるまいし

 うめ〜!うめ〜!

 を連発している浩平の声でもう食べた気に

なっちゃった。


 タダで食べるって意味がよく分からないけ

ど、それは後回しでいいや。


「いただきま〜す!」


「うっ、うめ〜!」


あっ、浩平の言葉がうつっちゃった。


                  つづく






にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ










posted by saru at 09:19| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

修二 -1-


僕は修二

ピカピカの中学一年生

と、明るく言いたいところだけれど気持ちは

とってもブルー。


だって、ちょっと前までは最上級生で、別に

威張りたいわけじゃないから、それはどうで

もいいんだけれど。


 今では、上級生を見たら挨拶をしなきゃい

けない。


 まあ、それも良い事だとは思うけど。

 勉強や部活で頑張っている先輩なら、心の

底から挨拶する気持ちにもなるけど、どう見

たって尊敬できない先輩がいる。


 そんな先輩に限って、挨拶をしろ、とかう

るさく言ってくるんだ。


 そして英語。


 興味はあるし、大事な勉強だと思うけど、

会話する勉強だからね。日本語の会話だって、

苦手なのに、更に、知らない言葉でしゃべる

なんて無理。


 それでも、大切だと思うから、予習とかも

ちゃんとやってたんだ。


 今日、二人で交互に教科書の会話文を読む

授業があってさ。


 バッチリ予習して自信があったから手を挙

げたんだ。そしたら、僕がみごと山崎先生に

指されたまでは良かったんだけど、もう一人

の会話の相手がクラスで一番可愛い相沢さん

だったんだ。


 上手に読まなきゃって思った瞬間、頭が真

っ白。


 結局、ひと言もしゃべれずに、終わった。

 次に指された良男が相沢さんとの呼吸もぴ

ったりに完璧に読んじゃったからもう最悪。



「よう、修二」

 最悪な日には、悪いことが続く。

 今、声をかけてきたのが浩平。

 小学校時代からの友達だけど、最近は前の

ようには遊ばなくなった。5年の夏に、両親

が離婚して今はお母さんと二人で暮らしてい

るんだけれど、その頃からあまり学校へ来な

くなった。不良仲間とよく一緒にいるとか、

タバコを吸ってるのを見た、という人もいる。

着ている服もだらしなくて、ちょっと恐い

感じ。

 修二君とは、もう遊ばないようにしなさい

って、お母さんからも言われている。

 けど、元々嫌いな奴じゃなかったし、可哀

想な気もして、声をかけられたら、一緒に遊

んであげるようにしている。でも、ゲームセ

ンターとか不良の集まるところに行くことが

あるから、それは断ろうかどうしようか迷っ

てる、そんな感じ。


「山崎、何か言ってたか?」

 山崎って言うのは、浩平は呼び捨てにして

るけど、僕たちの担任の先生で英語を教えて

いる。

 山崎先生は40才くらいの男の先生。 

 先輩達は、昔はとても恐かったって言って

るけど、本当かな?

 僕にとっては、優しくてとても好きな先生。



「何かって何?」

「俺のことだよ。」

「浩平とは、最近会っているかって聞かれ

た。」

「で、なんて答えたんだ?」

「最近は、あまり会ってないって言ったら、

もし浩平にあったら、ちゃんと学校へ来いっ

て伝えてくれって。」

「本気か?お袋に騒がれてビビッてるくせに

よく言うよ。」



 一週間くらい前、授業中に携帯を見ている

のを山崎先生に注意された浩平が、逆ギレし

て先生にひどいことを言って大騒ぎになった

ことがある。

 ここから先は、浩平に聞いた話だから、ど

こまで本当か分からないけど、山崎先生に呼

び出された浩平のお母さんが

「携帯を持たせているのは私の判断です。授

業中に見たのは悪かったと思いますが、親子

二人の生活で必要なんです。」

 とこちらも逆ギレに近い状態で山崎先生に

くってかかったらしい。

 それで仕方なく携帯を持ってきてもいい、

という事になったと浩平は言っていた。

 相変わらず、浩平は授業中も携帯を見てる

けど、あまり学校に来ないから、先生も言わ

ないようにしてるのかも知れない。



「修二、今日、俺と付き合えよ。ラーメンお

ごってやるからさ。」

 浩平が眉をちょっと上げてしゃべる時は、

あまりいい話じゃない。


「別に、お腹空いてないからいいよ。それに、

英語の宿題もあるし。」

「そうか、俺とは付き合いたくないんだよな。

こんな不良と付き合っちゃ駄目って、お袋か

らも言われてるんだろう。」

 浩平は、僕の弱点を知っている。

 お母さんの事を言われるのは苦手なんだ。

 修二はまだおっぱい飲んでるんだろう、と

か言われると、もう子供じゃないって思って、

結局、相手の罠にはまってしまう。


「修二、後藤先輩って知ってんだろ。俺たち

の4こ上の先輩。その後藤先輩から教えて貰

ったんだけどさ。」

 後藤先輩は、僕たちと同じ小学校の先輩で、

中学校時代は山崎先生が担任をしていた。

 山崎先生は、いつも、小学校で一番の問題

児を担当するって噂があって、だから3年間、

後藤先輩は山崎先生のクラスにいた。

 浩平も、山崎先生のクラスにいることを考

えると、あの噂は本当かも知れない。


「ただでラーメン食えるとこ、知ってるんだ。」

「えっ、そんなとこあるわけないじゃん。」

「それがあるんだ。昨日ただで食った。」

と、眉を更に上げて言う。


 これは、かなりやばい話に違いない。

          − つづく −






にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ










posted by saru at 11:52| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

粉ミルク


「ちょっと〜、さっきここで買ったジュース

なんだけど。」


「はい、どうしました?」


「何か、変な味がするのよね〜。」


「7倍に薄めれば大丈夫ですよ!」





にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ










posted by saru at 16:41| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。